ご挨拶

代表取締役社長、福西紀雄からのご挨拶です。

数々の試練を乗り越えていつか大きな海へ

代表取締役社長 福西紀雄

 現在、天龍グループは8社で構成されています。グループの礎であり、行動指針となっているのが、以下の社訓です。

「お客様第一」「一流の品質」「まず協調」

 創業者である初代社長・福西勇が、ダイキャスト、板金部品、溶接部品を手掛ける会社を設立したのは、1946年(昭和21年)です。戦後の傷跡がまだ色濃く残る時代、若き福西勇が、多感な青春時代を過ごした天竜川の「源」である長野県の諏訪湖に想いを馳せ、最初のお客様をこの湖にたとえ、「お客様第一」「一流の品質」「まず協調」の今に通ずる基本精神を「礎」とした天龍の第一歩を岐阜の地に印すこととなりました。

 諏訪湖を水源に持つ天竜川は、曲がりくねった水路を通り、急激な流れにも耐え、壮大な太平洋という海原に注ぎ込みます。「今は小さな会社かもしれないが、数々の試練に耐えて天竜川が太平洋にたどり着くように、この会社もいずれは世界に通用する会社にしたい」。『天龍』という社名には、そのような創業者の思いが込められています。

歴史を支えてきた「お客様第一」という理念

 初代社長が大切にしてきたのが、先にご紹介した3つの社訓です。お客様と強い信頼関係を築きながら、お客様が要求するものに対して、一流の品質で応えていく。設立から70年近くたった今も「まずはお客様の立場に立って考える」という理念は、天龍グループの絶対的なベースとなっています。お客様は何を求めているのか。その求めに対して、私たちは何ができるのか。会社設立の翌年、バス用シート製造から始まった天龍グループの歴史は、後に鉄道・航空機・船舶用等のシート製造を手掛けるようになり、蓄積された技術の応用は乗物にとどまることなく、現在では、医療分野や環境分野に至るまで、幅広いジャンルで活かされています。すべては『お客様の声』に耳を傾けることから始まり、お客様のためにと研鑽を続けてきた結果です。

グローバルスタンダードよりオリジナリティの追求を

代表取締役社長 福西紀雄

 グローバル化が急速に進んでいる時代です。世界を相手にしての生き残りをかけた競争が始まっています。でも、私たちは負けるつもりはありません。大手企業にはできないこと、私たちにしかできないことを、これからも愚直に追い求める。標準化されたグローバルスタンダードを目指すよりも、オリジナリティのある製品を創造する。それが世界と戦っていく私たちの価値になると確信しています。「数々の試練を乗り越えて、大きな海へ」。お客様の声を聞き、その声の実現に向けて全員で考え抜き、勇気を持って行動し、世界に誇れる製品を生み出していく。天龍グループの挑戦は、これからも続いていきます。

代表取締役社長 福西紀雄